さっここ blog

多肉植物と日々の記録です。

捨てがたいものをお互いあげようとする義母と母(*´-`)

先日、母がうちに来た時のことです。

 

同居している義母が、着なくなったコートを母に着てもらいたいと見せています。

 

モノがいいので捨てるにはもったいないそうです。

f:id:saccoko:20211202184608p:image

確かにしっかりした生地で、良いものです。

ただ、残念ながら母には明らかに似合いません。

 

母は、「あら、いいわ〜」ともらっていました。

多分着ないと思いますf^_^;)

 

その何日か後、母を実家まで送っていきました。

 

母は、最近片付けをしているそうです。

 

おしゃべりをしながら、タンスからズボンを出してきました。

 

「これ、お義母さんにどうかしら?」

 

太って、はけなくなってしまったけれど、やはりモノがいいので、捨てられないそうです。

 

確かにモノがいいのはわかりますが、お義母さんには大きすぎます。

 

私は、「悪いけど、大きすぎるよ」と言って断りました。

 

わかります!

高かったもの、良いものが捨てられないのは、よーくわかります!

 

80歳を過ぎた人なら、なおさらだと思います。

 

後になって、母が出したズボンは、はかないとわかってはいても、「ありがとう」ともらっておけばよかったかな〜と思いました。

 

そして、全く同じことをしている二人〜おもしろいなーと思いました(*^^*)